FC2ブログ

RC STUDIO Yutchi BLOG

美容室なのに…ラジコンサーキットがある!? その名は『 RC スタジオ ユッチ 』 そんな、お店の店長ユッチのブログです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前の出来事です…

Myマシンのドリパケがカウンターをあてたまま、壁にクラッシュ

その衝撃でサーボのギアが欠けてしまい、正常に動かなくなってしまいました

サーボは初めから付いていたサーボで、ギアだけ交換すればいいかな~と思いましたが…

純正サーボにそこまでするより、新品でグレードアップさせたほういいという友達のアドバイスがあったので、そうすることにしました 

しかし…

調べてみると、新品のデジタルサーボは、結構いい値段しますね~ 

そこで、友達O君に勧められたサーボがこちら

MG956R.JPG

Towardpro のハイスピードデジタルサーボ MG956R

これが、値段は安くて、性能的にはかなりのハイスペック

サーボを消耗品と考えるのならば、これぐらいのがちょうどいいかもしれません 

MG956R (1).JPG

以下、スペックです。

サイズ:40.6mm×19.8mm×37.8mm

重量:55g

動作スピード: 0.15.sec/60°(4.8V時)               
         0.12sec/60°(6.0V時)
         0.10sec/60°(7.2V時)
トルク: 約 9.0 kg/cm(4.8V時) 
     約10.5 kg/cm(6.0V時) 
     約12.6 kg/cm(7.2V時)
(数値は実験による最適環境下の最大値です。)

使用可能温度: -20°~ 60°C

動作電圧:4.8V ~ 7.2V

コネクター長:310mmコネクタータイプ:ツメなしコネクター(JRタイプ)


最大トルク約12.0キロ メタルギヤとダブルベアリング仕様でドリフト車などのステアリングにも最適です。

サーボホーンは、通常キットに付属のフタバ製がそのまま使えます。

価格が…

なんと…

 2,980円 (税抜)

この値段で、フタバ、サンワ、JR、KO等の高性能デジタルサーボ1万円前後の商品と同等に近い性能を発揮します。

デジタルサーボでこの価格は超お買得だと思います

「RC STUDIO Yutchi」でも、数量限定で販売中です



それでは、Myマシンのドリパケに早速取付けてみましょう

ドリパケに装着の場合、サーボの位置が若干(1~2㎜)ぐらい前に来ますので、純正のサーボホーンの時は、

干渉する部分をちょっと削らないといけないみたいです。

僕のはイーグルのサーボホーンで、無加工で取り付けできました




MG956R ドリパケ装着.JPG
サーボホーンは、フタバ製を使用

MG956R ドリパケ装着 (1).JPG

MG956R ドリパケ装着 (2).JPG

実際に走らせた感じは、以前使っていたサーボよりも、ドリフト中の操作が、かなり安定しました。

トルクがあるので、低速コーナーでのコントロールがしやすくなりました!

サーボってけっこう、走りに重要なんだなぁ~と実感しました
スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。